Department of Physical Recreation School of Physical Education
 

スポーツの楽しさと
健康の重要性を伝えて、
人々の健康で豊かな生活をサポート。

 

人々が生涯にわたり健康で豊かな生活を送るために
幅広い知識・技能を体系的かつ統合的に
学ぶことができる教育を目指します。
 

生涯スポーツ学科紹介

学科長挨拶

野坂 俊弥 教授 写真

東海大学体育学部生涯スポーツ学科
学科長 野坂 俊弥

スポーツの「楽しさ ( fun ) 」の伝道者を育む

 
生涯スポーツとは

「スポーツ」と聞けば、保健体育の授業で教わった体育実技としてのスポーツや、放課後の部活動に代表される競技としてのスポーツを思い浮かべる人も多いことでしょう。それに対して、本学科の名称にも使用されている「生涯スポーツ」は、生涯を通じてだれもが、いつでも、どこでも参加できる」スポーツを指します。

もともと「スポーツ」という言葉には「気晴らし」や「遊び」という意味があったので、「生涯スポーツ」はより本質的なスポーツの取り組みと言えるかもしれません。
 

何をどのように学ぶか

生涯スポーツ学科は、人々が生涯にわたり健康で豊かな生活を送るために、生涯スポーツに関する理論及び実践を科学的に探求し、生涯スポーツにかかる教養、すなわち幅広い知識・技術を体系的かつ統合的に学ぶことができる教育を目指します。学科の多くの科目では、講義で理論を学んだ後に実習や演習による体験学習を行います。そのような授業を通じて、生涯スポーツの指導者として、また社会人として、自分の意思を正確に伝え、他者をリードする能力を養います。なかでも冬季と夏季の野外活動理論演習は、学内で学んだことを豊かな自然環境の中で実践する、全学科学生必修のダイナミックな体験型授業です。
 

何を目指すか

そういった学びを通じて、生涯スポーツ学科では、以下のような能力を有する指導のスペシャリストの育成を目指します。 ・生涯スポーツに関する専門の知識と技能を十分に備え、それを活かし実行する力 ・スポーツと健康に関する豊かな思考力と創造性を持って、課題を発見・解決する力 ・異なる分野にも適応し、柔軟な感性でコミュニケーションする力 ・「人」や「環境」に配慮した持続可能な生涯スポーツ社会の実現に貢献する力 そこで、生涯スポーツ学科では “We know what fun is” というスローガンを掲げ、その考え方を大切にし、共有しています。すなわち、スポーツにおける「楽しさ(fun)」を探求し、それを分かち合い、人生を豊かにするスポーツの価値を広く啓発できる人材を輩出する学科でありたいと思うのです。
 

一緒に学びませんか?

生涯スポーツ学科はとりわけ明るく元気な雰囲気を有し、学生と教員が一丸となって学究に邁進する特長を持った学科です。そして、一緒にスポーツの楽しさを広め、豊かな生涯スポーツ社会の構築に貢献する仲間を広く求めています。このホームページをご覧いただき、その趣旨にご興味を持っていただけたら、ぜひ生涯スポーツ学科の門戸をたたいて下さい。

生涯スポーツ学科が育成する力

 

レクリエーショナルスポーツ・体力づくり・健康科学などの生涯スポーツ領域に関する知識・技能を、講義と実践を通じて身につけます。また、生涯スポーツを行う「人」と、「人」を取り巻く「環境」との関係を深く理解し、優れたコミュニケーション能力を備えた「指導のスペシャリスト」を育成します。

指導のスペシャリスト育成の仕組みチャート
 
 

学びの特色

 
体験授業を重視

多くの科目において、講義で理論等を学んだ後に、実習や演習による体験授業をします。夏季、冬季の野外活動については、豊かな自然環境の中で、学内で学んだことを、全学生が必修で実習を行います。
 

リーダーシップとプレゼンテーション能力の向上


生涯スポーツの指導者として、また、社会人として、人の前に出て、自分の伝えたいことを相手に分かりやすく伝え、人々をリードしていく能力を重視します。さまざまな授業を通してその能力を向上させるようカリキュラムが組まれています。
 

人と環境に優しいスポーツへの取り組み

生涯スポーツを行う「人」と「人」を取り巻く「環境」との関係を深く理解し、生涯スポーツ活動が「楽しい」と感じられるような運動・スポーツの指導について理論と方法を学びます。

生涯スポーツ領域における指導のスペシャリストを育成します

 
生涯スポーツ学科は、人々が生涯にわたり健康で豊かな生活を送るために、生涯スポーツに関する理論及び実践を科学的に探究するとともに、生涯スポーツに関わる教養、すなわち幅広い知識・技能を体系的かつ統合的に学ぶことができる教育を目指します。

 
 

こんな人材を育成します

 
生涯スポーツに関する専門の知識と技能を十分に備え、それを活かし実行する力
スポーツと健康に関する豊かな思考力と創造性を持って、問題を発見し、解決する力
異なる分野にも適応でき、柔軟な感性でコミュニケーションをとる力
生涯スポーツ指導者として「人」と「環境」に優しいスポーツ活動を支援する力
専門領域のみならず、周辺領域など幅広い知識と情報を活用する力

生涯スポーツ学科の教育方針

 
生涯スポーツ学科では、本学科の教育目標「生涯スポーツを科学的に探究し、確かな知識、技能を備え、優れたコミュニケーション能力を持ち、生涯スポーツの活動に参加する人々への支援・援助ができる『指導のスペシャリスト』を育成する」に共鳴し、自ら学ぶ意欲をもった人を求めます。
 
❶ 生涯スポーツに関する専門の知識と技能を十分に備える人材を養う教育。
❷ スポーツと健康に関する豊かな思考力と創造性を持って、問題を発見し、解決できる能力を養う教育。
❸ 異なる分野にも適応できる柔軟な感性と優れたコミュニケーション能力を養う教育。
❹ 生涯スポーツ指導者として「人」と「環境」に優しいスポーツ活動の支援ができる能力を養う教育。
❺ 専門領域のみならず、周辺領域など幅広い知識と情報を活用する能力を養う教育。

We know what fun is.をスローガンに

 
楽しみを分かち合い人生を豊かにするスポーツの価値を学ぶ。私たちの学びのスピリットを表現した言葉が「We know what fun is」です。

生涯スポーツとは

 
誰もがいつでもどこでも気軽に参加できるスポーツ

 
生涯スポーツとは、その生涯を通じて、健康の保持・増進やレクリエーションを目的に「だれもが、いつでも、どこでも気軽に参加できる」スポーツのことです。都市化・少子化などによって外遊びの機会が減少し、体力が低下している乳幼児・児童から、高齢化社会における生きがいを求める高齢者まで、幅広い年代層を対象とし、障がい者スポーツもこの範疇に含まれています。一般に、生涯スポーツは競技スポーツよりも運動強度が低いのが特徴で、既存のスポーツに加えて、体力に過剰な負荷をかけることなく気軽に行える、さまざまなニュースポーツも考案されています。 文部科学省にはスポーツ・青少年局に生涯スポーツに関する行政を管轄する部署として生涯スポーツ課があり、同省は「国民のだれもが、いつでも、どこでも、いつまでもスポーツに親しむことができる生涯スポーツ社会の実現」のための最重要施策として総合型地域スポーツクラブの全国展開を挙げています。他方、日本レクリエーション協会をはじめとする関連団体は、レクリエーションを含むさまざまな生涯スポーツの普及・啓発とその指導者育成に関する事業を行っています。
 
本学科では、生涯スポーツにかかわる理論と方法を科学的に探求し、健康・体力維持や向上のためになすべきことを学びます。その目的は、人々が生涯にわたり健康で豊かな生活が送れるよう、スポーツ活動が「楽しい」と感じられる指導ができるようになることです。幼児から高齢者、障がい者まで幅広く対象者を設定し、野外活動、レクリエーション、健康・体力づくり運動などの活動を働きかけ、心身の健康維持・増進をはかります。
そして、専門的な知識と技能、さらに高い人間関係能力と指導力をもった「指導のスペシャリスト」を育成
します。

 
 

取得可能な資格 qualification info

 
あなたの可能性を後押しするために

可能性を広げるためには様々な専門的な資格が不可欠です。本学科では、教員免許の他に、福祉や介護などを中心に、スポーツ分野で活躍するために必要な資格を取得できます。 詳しく

卒業後の進路 course info

 
生涯スポーツを学び人生を切り拓こう

生涯スポーツ学科は、各中・高の教員の他にスポーツクラブ、フィットネスクラブ等スポーツ施設をはじめ、病院や福祉施設でも多くの卒業生が活躍しています。 詳しく

 
facebook - ヘッドライン - 
 

2020.0511

東海大学新聞の取材中 詳しく

2020.0406

徒然日記 詳しく

2020.0215

三田信孝先生特別講義 詳しく

2020.0213

冬季野外活動理論演習2019 詳しく

学科紹介 subject info
授業について class scenery
教員紹介 teacher info
ギャラリー gallerry
ギャラリー gallerry