生涯スポーツ学科 教員紹介
Back to 教員紹介インデックス
吉岡 尚美 教授 写真
 
先生からのメッセージ

学生の皆さんには、広義的にスポーツを捉えられるようになってもらいたいと思っています。スポーツは楽しく身体を動かすもの。いわば、競技にもリハビリにも遊びにもなります。日本における「スポーツとは何か」を今一度考え直しながら、「できない」ではなく「どうしたらできるか」をまず考えましょう。生涯スポーツ学科では学生の「スポーツ」に対する考え方や視座をもっともっと広げていきたいと思っています。

吉岡 尚美 教授 NAOMI YOSHIOKA

高齢者と障がい者のスポーツと
レクリエーションに関する調査・研究

高齢者ならびに障がい者は多くの余暇時間を所有し、いかにその時間を充実したものにできるかは、彼らの健康とQOLの維持向上において重要な課題です。余暇活動としてのスポーツやレクリエーションが、高齢者と障がい者の健康やQOLに及ぼす影響について調査・研究することは重要な取組みだと考えます。
 

研究について

小さな疑問が調査によって明らかにされていく過程には、多くの発見と学びがあり、視野を広げることができます。研究のプロセスは大変なことが多いのですが、形になったものを社会に発表していくこと、論文として残していく機会を持つことで、自分の研究と実践の現場をつなげることができます。
 

研究の特異性について

現在は、発達障害児者を対象としたスポーツ活動の効果について、ケーススタディーを中心にまとめています。

吉岡 尚美 教授 写真
 
先生からのメッセージ

学生の皆さんには、広義的にスポーツを捉えられるようになってもらいたいと思っています。スポーツは楽しく身体を動かすもの。いわば、競技にもリハビリにも遊びにもなります。日本における「スポーツとは何か」を今一度考え直しながら、「できない」ではなく「どうしたらできるか」をまず考えましょう。生涯スポーツ学科では学生の「スポーツ」に対する考え方や視座をもっともっと広げていきたいと思っています。
 
 

吉岡 尚美 教授 NAOMI YOSHIOKA

高齢者と障がい者のスポーツと
レクリエーションに関する調査・研究

高齢者ならびに障がい者は多くの余暇時間を所有し、いかにその時間を充実したものにできるかは、彼らの健康とQOLの維持向上において重要な課題です。余暇活動としてのスポーツやレクリエーションが高齢者と障がい者の健康やQOLに及ぼす影響について調査・研究することは重要な取組みだと考えます。
 

研究について

小さな疑問が調査によって明らかにされていく過程には、多くの発見と学びがあり、視野を広げることができます。研究のプロセスは大変なことが多いのですが、形になったものを社会に発表していくこと、論文として残していく機会を持つことで、自分の研究と実践の現場をつなげることができます。
 

研究の特異性について

現在は、発達障害児者を対象としたスポーツ活動の効果について、ケーススタディーを中心にまとめています。

PROFILE
 
吉岡 尚美 教授
学 位 博士(学術)
専門分野

セラピューティックレクリエーション
高齢者スポーツ
アダプテッド・スポーツ

職 歴

医療法人鳳香会東前病院 レクリエーションセラピスト(2001~2003.3)

東海大学体育学部特任講師(2003.4~2005.3)

現職(2005.4~)

所属学会 日本体育学会

日本特殊教育学会

日本公衆衛生学会

日本障害理解学会

日本アダプテッド体育・スポーツ学会
研究
キーワード
高齢者

障がい者

レクリエーション

スポーツ
担当講義 生涯スポーツ論

高齢者スポーツ演習

アダプテッド・スポーツ演習
主な
論文・著書
Yoshioka, N., Shigeto, S. & Uchida, K. (2017) Influence of a sports class on sports participation and living functions of a person with multiple disabilities: A case study applying the ICF, The Asian Journal of Disable Sociology, 16, 59-71.

Yoshioka, N., Shigeto, S. & Uchida, K. (2017) Effect of sports participation on mood in a woman with Autism spectrum disorder, The Asian Journal of Child Care, 8, 47-53.

Yoshioka, N. (2014) A Study on components of enjoyment through leisure activity in the elderly who engage in Gateball and Ground Golf, Tokai University Press.

徳田克己(監修)西館有沙・澤江幸則(編著)(2013)気になる子の保育のための運動あそび・感覚あそび-その具体的な指導法-,チャイルド本社.

小池和幸・柴田範子・秦野吉徳・マーレー寛子・吉岡尚美・小久保信幸(編著)(2013)よく分かる 福祉レクリエーションサービス実施マニュアル1 楽しさの追及を支える理論と支援の方法,公益財団法人 日本レクリエーション協会.
 
 

ゼミ紹介

共生社会の実現のために力を発揮できる人の育成

「障害理解」をテーマに、講義や課外活動を通じて「障害」や「障がい者」、「高齢者」に関する適切な認識を形成し、共生社会の実現のために力を発揮できる人の育成を目指しています。スポーツやレクリエーション活動を通じて高齢者や障がい者の余暇生活を支援し、社会に貢献できる人間を目指してみませんか。課外活動を通して実践力もつけていけます。
 

卒業研究テーマ

・ホームエクササイズの実践が肢体不自由を有する女性のバランス
 力と歩行能力に及ぼす影響
・重度心疾患と知的障害がある子どもがスポーツに親しむプロセス
 ーM-GTAを用いて-
・有酸素運動が肢体不自由のある女性のバイタルと体組成の変化に
 与える影響
・スポーツ指導者を目指す学生の障がい者スポーツに対する意識
 調査
・障害者差別解消法が施行されてからの「合理的配慮」の認知度

 
facebook - ヘッドライン - 
 

2020.0818

暑くて溶けそうなので涼しげな写真を。 詳しく

2020.0815

授業の様子を紹介! 詳しく

2020.0706

いつもならばこの時期は… 詳しく

2020.0511

東海大学新聞の取材中 詳しく

学科紹介 subject info
授業について class scenery
教員紹介 teacher info
ギャラリー gallerry
ギャラリー gallerry